ACM-ICPC参加記(?)

民です.久しぶりの更新です.

(だいぶ前ですが)1年生へのC言語ゼミも無事に終わり,教えたことを定着させるためにオンラインジャッジをしばらくやらせています.目標としては来年の新入部員に教えられるくらいのレベルまではいってほしいなと思ってます.
プロコンの予選結果発表もあり,慌ただしくなってくる時期ですが,9月にはパソコン甲子園の予選もあるので高専プロコンと両立して競技プログラミングを頑張っていきたいですね.頑張りたいけどきつそう悲しい…

さて本題ですが,昨日,ACM-ICPC国内予選がありました.当部活からは4年生3人の1チームが参加しました.
国内予選公式サイトはこちら
http://icpc.iisf.or.jp/2017-tsukuba/domestic/

僕は2年生なのでまだ参加できないのですが,問題は公開されていたので解いてみました.参加できないので提出が出来ず,正確な結果はわからないのですがおそらくA,B,Cの3完でした.B問題が例年に比べて若干難化してたように感じましたが果たしてどうなんでしょうか…?D問題はbitDPな気がしてたけどbitDPをまず書いたことがなく,さらに具体的な解法が全然分からなかったです.悲しい.DPに対して強くならないと競技プログラミングコンテストにおいて上位を狙うのはやはり相当厳しいですね…

解けた問題に関しての簡単に方針を載せておきます.
 

A問題
1問目なので難易度はまあはいという感じでした.
N個の数字の中から2つを選ぶ組み合わせの最大の和を求める問題.
2重for文で全列挙するだけ


B問題
概要を説明しようとすると僕の日本語力じゃ説明が足りないので省略.
いつもより難化しているようには感じましたが,難化というより実装が面倒になった問題のように感じました.
二重引用符で囲まれている文字列とそれ以外の文字列を取り出していって,それぞれ比較.STLで殴りました.


C問題
1つ1つに高さが設定されてる3*3以上の長方形において内部のセルが外周より低い長方形から外周の高さとの差の最大値を求める問題.
制約が3≦d,w≦10と小さめなので4重for文での全探索.中の処理も含めても多くてO(N6)ぐらいなので十分間に合う.


これでちゃんとACできるかは分からないけど変なコーナーケースを作れるような問題でもなさそうなので多分あってるはず(?).
4年になることには国内予選を突破できるぐらいまでには精進したいなと.尚,チーム戦なので競技勢をもっと部内に増やさないといけないですね.

高専プロコンまでも時間があるわけじゃないのでコツコツと頑張っていきましょう!

五月病

こんにちはお久しぶりです.五月病に季節です.民です.僕は五月病にはかかっておりません.

本日は新入部員歓迎会があり,今年度シス研には1年生5人,2年生1人の計6人が新たに入部してくれました!最初は1人しか入ってくれないんじゃないかとビクビクしておりましたが無事6人入ってくれてとても安心してます.新歓ということで新入部員は先輩たちのこと,また先輩たちは新入部員のことを知ることができたでしょうか?できなかったとしてもこれからの活動の中でお互いがどんなことをやってるのかが分かってくると思います.

そして現在,高専プロコン予選資料提出期間直前ということで,部内はとても忙しい感じです.課題部門は去年に引き続き「スポーツで切り拓く明るい社会」,そしてまさかの競技部門も去年に引き続きパズルということで波乱を呼んでいるとか呼んでいないとか…
なにはともあれまずは予選を突破できるように各自頑張っていきたいと思います.

新入部員に関しては,まずはC言語ゼミを受けてもらっています.最初はとても難しく感じると思いますが問題ありません.僕たちも最初はわけがわからなかったです.最初のうちはそんな感じですが,分からないところは先輩たちに質問をするなりして,だんだんプログラムを書いていくうちに基礎は身についていきます.頑張っていきましょう!(個人的に競技勢が増えてくれるとうれしかったり)

部内ハッカソン終了

物凄くお久しぶりです。村人Bです。
今日で一週間に渡る部内ハッカソンが終了し、出来上がったものの発表会がありました。これを終えて私自身の感想としましては、「何も作ることが出来ず、悲しい」とゆうのが一番にありますが、C++以外の言語に手を付けなければ私の「出来ること」の幅は広がらないということも強く感じました。よって、近々Python等に手を付けていきたいと思います。(私の今作っているモノもC++以外の言語が適当のようですし)
部内ハッカソン全体としてはweb関係のものやandroidのウィジェットを作った班などがありました。どれも私ができそうにないことばかりです。またいつか開催するそうなので、その時は何かしら動くものを作れるようになっていたいです。

短めでしたが、今日はこれで終わります。

部内ハッカソン!!

お久しぶりです.民です.
新学期が始まり,はやくも1週間が過ぎました.新学期は新入生勧誘の時期でもあるのですが,いまのところ新入生の新入部員は1人しか来ていません…シス研の活動内容は前回チビフェスさんによる記事でも書かれていますが,初心者も大歓迎です.少しでも興味があればぜひ見学に来てください.待ってます!!!

そして本題へ…

つい最近,高専プロコン公式サイトにて募集要項が発表されました.こちらのほうにも募集要項と競技部門のサンプルが送られてきました.競技部門は今年もパズルらしいですが,ルール改定もあり,プログラミングコンテストらしくなってそうですね(?).
そして課題部門と自由部門,こちらの部門に参加する人全員がメインを張れるようになりたい.システム開発の練習をしたい.など様々な理由がありますが,それらのためにチビフェスさんの企画による部内ハッカソン が現在行われています!!!

そもそもハッカソンとは…?

ハッカソンとはソフトウェア開発分野のプログラマやグラフィックデザイナー、ユーザインターフェース設計者、プロジェクトマネージャらが集中的に作業をするソフトフェア関連プロジェクトのイベント
(Wikipediaより)


大まかにいえばある程度の期間を設けて,その期間でソフトフェアを開発などのアイデアや技術を競うものになります.今回行われている部内ハッカソンでは一週間という期間を設けて行っています.
自分は普段競技しかやっていないのもあり,ソフトウェア開発にあまり慣れていません.なのでこれを機に少しでもソフトウェア開発に関する力も付けれたらいいなと思っています.現時点では作業途中ですが,個人的にいまのところ1番感じていることは "アイデアを出すのが難しい" ということです.技術に関しては勉強をすれば何とかなることがありますが,アイデア出しはそうはいきません.アイデアを出せる人の凄さを実感しました…

こういう企画があるとモチベもあがりますね.このハッカソンからプロコンにつなげられるものがあるといいなとも思います.以上,民でした~.

[新入生向け記事] シス研について

情報システム研究部(以下シス研)の
3年、生物化学システム工学科のチビフェスです

こちらの記事では新一年生を対象としてシス研の紹介をしていこうと思います。

 

シス研活動内容

シス研はプログラミングをする部活です.
目標としているのは高専プロコン最優秀賞です.

高専でプログラムかけないのはやばいのでプログラムを学ぶ需要はあるはずだ.
プログラミング楽しいよ(語彙力)

世界を変える力がほしいは是非シス研へ


初心者歓迎です.
高専生らしさを求める人はぜひ…

シス研はいってね

やってる時間と場所とか
活動場所:ICT第二演習室
活動時間:月~金 17:00~19:00
       土     9:00~12:00
       日曜祝日はお休み
部費   :年間で2000円です

ちなみに(少ないですが)女子部員もいますよ!

第二演習室は図書館の近くにある階段を下りてすぐの所にあります。
入るのが怖いって人はドアの近くでチラチラしてたら先輩の方から声かけると思うので(*・ω・)ノ
気軽に見学に来てくださいね!!

 

チビフェスでした~

 

 

担当:チビフェス